サンクスギビング その1

サンクスギビングは全米がお休みになる祝日。
家族・親戚一同が集まってターキーとかを食べる日?
日本のお正月みたいな感じでしょうね。

親戚もいないし、ターキーも好きじゃないしってことで
我が家は旅行することに。

takuの身長もスターツアーズに乗れる102センチになったので
ディズニーランドに行く予定でしたが、急遽予定変更!
デスバレー国立公園(DeathValley)&ラスベガスへ行ってきました。

移動手段はマイカー。
さすがに1日で移動するには遠すぎるので
前日の夕方に5時間ほど走り、途中ホテルで1泊。

翌朝6時半に出発し、4時間くらい走る。
人工的なものは道路くらいしかない「何もない景色」になる。

『デスバレー国立公園』

画像


ここは夏は50℃を越え、雨もほとんど降らないという
灼熱の谷だそう。
いまの時期は長袖一枚でいい感じ。

普通の国立公園にはゲートがあって
そこで入園料を支払うのだけど、
ここにはそのゲートはなく
ただ、目印の看板がたっているのみ。
うっかり通り過ぎたので、戻って写真を撮る。

画像


ビジターセンターなどがあるビレッジは2箇所あり
ここで、入場料を支払います。

画像


売店もあり、うっかりデスバレーの守り神?とやらを購入。

画像



まずは、『砂丘』(Sand Dunes)
画像


本当は足跡が全然ないところまで、歩いてみたかったのだけど
この日はラスベガスまで行く予定だったので、遠くから
ちょっと眺めて移動。

画像



続いては『バッドウォータ』(Bad Water)

画像


ここは西半球の最低地点だそうで、
「SEA LEVEL」(海抜0地点)の看板が

画像



あんなに上の方にありました。(赤い四角の部分)

画像



こちらの地面が白いのは塩の結晶だから。
きれいそうなところをちょっと舐めてみる。
すっごい塩っ辛い!以前は「塩水湖」だったそうな。
画像



『ナチュラルブリッジ』(Natural Bridge)
画像


『アーティスツパレット』(Artists Palette)
画像ではわかりにくいけれど、岩肌?が緑や紫に。

画像


『ザブリスキーポイント』(Zabriskie Point)
画像


人を一緒に映すと、広大さがよくわかる。
画像



『ダンテスビュー』(Dantes View)

デスバレーが一望できるポイント
下に見える池みたいなところは
バッドウォーターの白い塩。

画像


さっき歩いたところがほんの一部だったことが
よくわかる。(画像だとイマイチ大きさがわからないけど。。。)
赤の□で囲まれてるところ。

画像



なんとか日が落ちる前に、予定していたポイントを回り
眠らない街ラスベガスへ。。。 つづく。



"サンクスギビング その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント